葬儀・法要マナー ご葬儀豆知識

ご葬儀豆知識

HOME > ご葬儀豆知識

ご葬儀・法要のマナー

葬式の意味

葬式は、大きく分けて4つの意味を込めて執り行われます。

  1. 故人があの世でも幸せでいられるようにという祈り。
  2. 残された人が故人に別れを告げるための場。
  3. 大切な人を亡くした悲しみから立ち直るために死をしっかりと認識する。
  4. 病原菌の繁殖などを抑えるための衛生的処置。

葬式について

▼葬式とは
一般的に、通夜・告別式・火葬をすべて合わせたものを葬式と呼びます。
▼通夜とは
告別式の前夜に行われるものです。遺族が故人のそばで火を絶やさないようにして過ごします。
▼告別式
出棺の前に行われる儀式です。会葬者が故人に別れを告げるための儀式で、一般的に葬儀といわれれば、この告別式を指していることがほとんどです。
▼火葬
炉に入れて焼き、遺骨を骨壷に納める一連のことを指します。

法事について

▼法事の意味
法事は故人の死後の供養として行われるものです。故人への祈りや死別から少しずつ立ち直るための場とも言えます。また、親類や故人の知人・友人が集まるため、故人を通して人との繋がりを強く実感することができます。
▼法事の儀式内容
一般的に、法要とその後の会食を合わせたものを法事と呼び、亡くなってから一定の周期によって行われます。
法要

お経を読んでもらい、故人を偲び冥福(冥土の幸福)を祈るための追悼供養の儀式です。故人が亡くなってから49日後に行う法要は、故人があの世へ旅立つ日だとされています。

葬儀後の忌日一覧(地域により読み方は異なります)
初七日忌(しょなのか) 死後7日目
※ 仏教では亡くなった日を1日目と数えます。
二七日忌(ふたなのか・にしちにち) 死後14日目
三七日忌(みなのか・さんしちにち) 死後21日目
四七日忌(しなのか・ししちにち) 死後28日目
五七日忌(いつなのか・ごしちにち) 死後35日目
六七日忌(むなのか・ろくしちにち) 死後42日目
七七日忌(しちしちにち) 死後49日目
※ 四十九日とも言います。
百ヶ日忌(ひゃっかにち) 死後100日目
年回忌法要

一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、三十七回忌、五十回忌

>> ご遺族の方のマナーはこちら
>> 参列者の方のマナーはこちら

御供花・
お供え品・返礼品

詳細はこちら

ご注文書(FAX)

御供花・お供え品・返礼品

菊葬会館について

親族の一員となって、真心込めて 厳かに、親身になってお手伝いいたします。

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町2丁目19-15

お問い合わせ窓口

事前相談・急ぎのご依頼気軽に
お問い合わせ下さい

お電話でのお問い合わせ

0120-415909(ヨイゴクラク)

WEBでのお問い合わせ・資料請求

  • お問い合わせ
  • 資料請求

もしもの際慌てないために・

  • 料金シミュレーション
  • 終活のすすめ
  • 事前相談
  • 菊葬会館が喪主様を安心サポート
  • 葬儀Q&A
  • ご葬儀豆知識
  • 家族葬ネットワーク ハート仙台

ご入会のすすめ

料金シミュレーション

ページの先頭へ